注文住宅と建売住宅とは?1,000万台で家を建てたい!【我が家の住宅購入記】

投稿者: | 2018年10月19日
Pocket

こんにちは!rihiraです。憧れのマイホームに向けて準備中のご家庭、多いと思います。我が家でもとある事情から新築のプランが浮上し、現在進行形で準備中。リアルな住宅購入記として、マイホームの予定のあるあなたの参考になれば幸いです。

新築一戸建てを持つというのは、ファミリー層にとって人生の大きなイベントです。
ほとんどの人が一生に一度の買い物になるでしょうから、入念な準備や打ち合わせが必須。
我が家でも新築のプランが進んでいるので、リアルなお金の問題や計画などを紹介したいと思います。

新築物件は「注文住宅」と「建売住宅」に分けられる

新築の一戸建てを買うというのは、大きく分けて2パターンが考えられます。

1つは1からどんな家を建てるかを考える「注文住宅」、もう1つはすでに建っている新築物件「建売住宅」を買うパターンです。

注文住宅は土地をすでに取得している場合や、自分の思う間取りで家を建てたいときに選ぶのが一般的。

メリットとしては自由度が高いので、こだわった家を建てたい人なら迷わずこちらとなるでしょう。
デメリットは価格の予想がつきにくい点。
すでに建っている建売と違い、実際に設計してみないとわからない費用があったり、後でこうしたいという希望が出て追加料金……といったケースも考えられますね。

自由度は高いが予算をしっかり把握・相談する必要あり

建売住宅はすでに家が建っているため土地も一緒に付属し、土地を持っていない人でもまとめて購入が可能となります。

出来上がっているので注文住宅よりも価格がわかりやすく、予算がたてやすいのがメリット。
デメリットは間取りやデザインの変更がきかないという点ですね。
未完成の建売物件もあるのですが、その場合でも設計を変更することはできないようなので、自分の希望を出すのは無理となります。

土地付きで価格がわかりやすい反面自由度はナシ

参考サイト:徹底比較「注文」VS「建売」 | SUUMO(スーモ)

我が家では「注文住宅」が第一候補に

3回建ててようやく理想の家になる、とか言いますが、当然我が家にはそんな余裕はありません!
一生に一度の買い物なので、我が家ではこだわりが持てる「注文住宅」への熱が偏っています。

注文住宅といっても住宅メーカーによっては大まかな間取りが決まっていて、そのプランの範囲で行うことでコストをおさえるといったプランもありますよ。

会社にもよるとは思いますが、仕切りを無くしたり部屋数を増やすなど、細かい点の相談も可能です。

新築物件の予算はどうする?

住宅・不動産の情報サイト「SUUMO」によると、2016年度に建てられた注文住宅の平均建築費は全国で約3,308万円とのこと。
首都圏はもっと高くなり約3,593万円、その他の地域では3,106万円だそうです。

参考:注文住宅 1000・2000・3000・4000万円台の家の違いは? 一級建築士が解説! | 住まいのお役立ち記事

建物だけで3,000万円……と聞くと途方もない金額にも感じますね。
個人的にですが、色々な住宅メーカーを回ったところ1,500万〜2,000万円台でも十分な家が建ちそうという印象を受けました。

最近は1,000万円以下からというローコスト住宅を売りにしているメーカーも多くなっていますよね。
2人だけの夫婦なら平屋を低価格で、というのもあり。
地震の時も2階部分が崩落する恐れがないですし、掃除の手間も減りそうです。

我が家でも上物だけで1,000万円台を目安に計画を進める予定。
ハウスメーカーなどを7〜8社くらいは回りましたが、1社の家がとても気に入って(特に旦那が)モデルハウスを多数見せてもらっています。

今後も進展があればブログにて報告していきますね。