土地が見つからない…良い土地が見つからない原因と対策

投稿者: | 2018年11月9日
Pocket

こんにちは!rihiraです。家を建てるときに必要な「土地」がなかなか見つからないと嘆いているご家庭、我が家だけではないはず。毎日のようにネット検索しても満足のいく物件がないのはなぜか、その解決策はあるのでしょうか。

良い家は良い土地と表現しても過言ではないほど、土地選びは重要です。
建てたいと思ったときに限って素敵な物件はなかなか見つかりませんよね。
新築を考えている我が家でも、土地探しに苦戦中。
以外と土地ってないものですね……。


ネットや雑誌の情報は限定的?

土地も扱うハウスメーカーと話をしたところ、不動産業者は一般では見られない専用のネットワークから不動産の情報を閲覧することができるそうです。
これは原則として不動産業者同士で共有されているものと考えられます。

一般に出回っている情報も含まれるので、企業側は私たちが見られるものと業者専用のものを両方把握可能ということ。

裏を返せば、私たちがネットや不動産情報誌で目にするものは、取引可能な土地や家の一部のみとも言えます。

本当はもっと良い条件の土地があるかもしれないのに…と思うかもしれませんが、不動産業者の商売を考えるとそりゃそうか、と納得ですね。

一般人が知らない不動産の情報は業者に聞くしかないみたい

あなたが良いと思う物件は他人も目をつけている?

ネットで簡単に不動産が探せる時代。
本気で欲しいと思っている人は、毎日のように検索をかけているはずです。

これいいな!と思った土地は、同じように不動産を探している他人もいいな!と思っている可能性が高い
ゆえに躊躇しているとすぐに売れてしまい、後の祭りに……なんてこと。

人気の土地ほど、良い土地があれば即日決断できるような気持ちでないと難しい……という話も耳にしました。
急がば回れという言葉もありますが、ある程度のスピード感も土地探しでは重要かもしれません。

実際に「あ、いいかも…」と思った土地がすぐ売れました(泣)

サイトによっては情報が古いケースもあり

不動産の情報サイトを何度も巡回していると、「この土地全然売れてないなぁ」と思うことはありませんか?
実際には売却済なのに、購入できる物件として掲載されたままになっていることもあるのです。

もちろんサイトにもよりけりなので、よく見るサイトは更新頻度などをチェックしておくと安心かも。

これだ!と思った土地を問い合わせたら売約済みだったら、結構落ち込みますよね。

情報が更新されるまでタイムラグがあるので気をつけよう

一般人でも土地を探す方法ってないの?

実際に土地を探し始めて、もらったアドバイスや自分達で感じたことをまとめました。
なかなか見つからなくて困っている方も、以下のポイントをほんの少し意識してみてはいかがでしょうか。

《お出かけの際は「売り」看板の土地をチェック》

写真で見ただけの画像では、実際の土地の雰囲気って半分くらいしかわかりません。
現物を見ると思ったほど良くなかったというケースもあれば、逆パターンもあるでしょう。

ドライブや買い物の際には、周辺の土地に「売り」の看板が立っていないかチェックしてみて。
雑誌で見たときはイマイチ気にもとめなかった土地が案外良かったり、ネットでは見かけなかった物件もあるかもしれません。

ある程度土地の様子や周囲の雰囲気がわかっていれば、決断をスピーディにすることも可能です。

《ハウスメーカーの人に欲しい土地の条件をしっかり伝えておく》

我が家のようにハウスメーカーが決まっていて土地がまだ…という場合は、土地探しもハウスメーカーがやってくれることが多いかと思います。
このときに住みたい場所、建てたい家の広さ、駐車スペースなどをできるだけ細かく伝えることで、ニーズに近い土地をピックアップしてもらえますね。

せっかく業者が土地を見つけてきても、言ってなかったけどこの条件は無理、本当はこんな環境が理想なの……では、業者側も戸惑いますよね。
家を建てるまで長らくお世話になる相手なので、話せることは正直に、素直に伝えておくのが◎。

かといってあまりに無茶な条件も控えたいところ

《アナログな手段もコツコツと》

先にあげた売り看板のほか、売り土地情報のチラシをチェックする、ネットに載せていない土地がないか不動産業者に問い合わせる…などの方法も手段の1つとなるでしょう。

アナログな方法ですが、土地を売りたい人の全てがネットに掲載してほしいわけではありません。
中には不動産の売買を行ったことを大々的に知られたくない人もいるでしょうから(土地が売れた=大金が入ったと思われる、など)、ネットの情報が全てと思わない方が良いですね。

1から探すなら基本は地道に努力が必要かも

注意!土地の売主が建てたい業者と違う場合は業者との相談が先

あるハウスメーカーの家が気に入ったから建てたいけれど、欲しい土地の売主は全く違う業者。
新築を考えるときには珍しくないケースでしょう。

このとき一般的には“仲介手数料”が発生し、土地価格の何%かを支払う必要があります。

ここで焦って土地側の業者に連絡するのはSTOP。

住宅を建てる業者側には、仲介手数料を取らない会社も存在するからです。

そのためには業者間で話がしたいため、お客が直接土地の売主に連絡を取ってしまうのはNG。
手数料の支払いが必要になる可能性の方が高くなるでしょう。

これは実際に我が家が以来予定のハウスメーカーに言われたことで、うちから不動産業者に話をすればお客様からの手数料はいりませんので、欲しい土地があればこちらへ先に連絡をください、とのことでした。

もちろん手数料が必要な会社もあるでしょうから、最初に確認しておいた方が良いですね。

手数料だけでうん十万するので、事前の確認必須